病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
病院業績
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報公開
jcho玉造病院へのご寄附のお願い
リンク
病院広報誌
連載コラムバックナンバー
ご意見箱
よくあるご質問
医の倫理委員会
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
バリアフリー情報
情報公開

職場紹介

東2階病棟(一般病棟 人工関節センター)

東2スタッフ
東2スタッフ02  東2階病棟は主に変形性疾患を対象とした人工関節センターです。患者さんの多くは手術目的の入院ですので、医師をはじめとした多職種と協働し、安全な周術期看護の提供を目指しています。高齢の患者さんが多い病棟ですが「痛みが取れたら旅行がしたい」と言った前向きな患者さんたちからパワーをもらっています。スタッフは新人からベテラン、そして男性看護師やママさん看護師と様々ですが、お互い助け合い活気のある明るい病棟です。

西4階病棟(一般病棟 脊椎外科センター)

西4スタッフ
西4スタッフ02  西4階病棟は、主に脊椎疾患を専門とする脊椎外科センター病棟です。いつもやる気MAXの熱意溢れるセンター長をリーダーとして、多職種と協働し、医療チーム一丸となり、患者さんが一日も早く回復されることを願い、医療・看護を提供しています。今年度は2名の新人看護師を迎えフレッシュな気持ちで、活気のあるスタッフで毎日頑張っています。玉造病院の4階の窓から一望できる四季折々で魅せる宍道湖は絶景です。

西3階病棟(地域包括ケア病棟)

西3スタッフ
西3スタッフ02  西3階病棟は、院内外で急性期の治療が終了してもすぐに在宅や施設等に退院することができない患者さんに、リハビリテーションを中心に退院に向けて支援しています。また、在宅療養されている患者さんの入院治療が必要なときの受け入れを行っています。慢性的な内科疾患の患者さんから整形外科・歯科・口腔外科の周術期看護、リハビリテーション科のレスパイト入院の受け入れなど幅広く携わっています。入棟時から退院後の生活を見据え、医師・看護師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・MSWなど多職種が協力し、患者さんやご家族の意向を確認しながら、在宅復帰のための相談や準備を行っています。個別性のある看護が提供できるよう、毎日カンファレンスを実施しており、より良い看護が提供できるよう努めています。

東3階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

東3スタッフ
東3スタッフ02  東3病棟は、回復期リハビリテーション病棟として脳血管疾患や大腿骨骨折患者、脊椎・関節疾患患者などを地域の連携病院や院内から受け入れています。そして患者さんの寝たきり防止や在宅復帰、社会復帰を目指しリハビリテーションを行っています。安全に配慮しながら楽しくリハビリテーションに取り組めるよう工夫したり、季節のイベントを開催するなど、患者さんのリハビリ意欲の向上と、ADL改善に努めています。また多くの患者さん、ご家族に笑顔になってもらえるよう多職種と連携して支援を行っています。

西2階病棟(回復期リハビリテーション病棟)

西2スタッフ
西2スタッフ02  西2階病棟は、脳血管疾患や大腿骨、腰椎などの骨折、外傷などによって脳や脊髄を損傷された方々を対象として、多職種がチームを組んで集中的にリハビリテーションを実施しています。私達看護師は、患者さん一人ひとりが障害や病気があっても住み慣れた地域で自分らしく生活できるように多職種との調整をし、連携の架け橋となっています。患者さんがリハビリを通じて回復していく姿を一番近くで見られることが看護の大きな魅力です。

手術室

手術室スタッフ
手術室スタッフ02  手術室は、医師や技師、業者など多職種との連携を図り、安全でスムーズに患者さんの手術が行えるよう取り組んでいます。手術や麻酔に関わる新しい情報をスタッフ全員で日々共有し、質の高い看護を提供するための学習会を積極的に行っています。また、手術前に患者さんのところへ訪問し、手術に対する個別の相談や要望に応じ、安全に安心して手術を受けてもらえるための手助けも行っています。

外来

外来スタッフ
外来スタッフ02  整形外科を中心に10の診療科があります。診療科により仕事内容の違いは多少ありますが、受診される患者さんに満足して頂けるような診療介助を心がけています。そして診察後患者さんが安全かつ安心して検査・治療に臨めるよう、患者さんの思いに寄り添う看護を行っています。外来は経験豊富なベテランスタッフに加え子育て中のスタッフも多く、先輩からアドバイスを受けながら仕事と家庭の両立を目指し、みんなで頑張っています。
PageTop