病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医 休診のご案内
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
病院業績
診療実績・臨床指標
調達情報
契約情報公開
jcho玉造病院へのご寄附のお願い
リンク
病院広報誌
ご意見箱
よくあるご質問
医の倫理委員会
個人情報保護方針
医療安全管理指針
感染管理指針
バリアフリー情報
情報公開

ロボティクス手術を始めました

人工股関節全置換術・人工膝関節置換術で


             ロボティクス手術を始めました



Mako(メイコー)システム

 当院では、人工股関節全置換術・人工膝関節置換術でロボティクス手術Mako(メイコー)システムを導入しました。Makoシステムは、日本で初めて承認された人工関節の手術を支援するロボティックアームシステムです。
mako01  Makoシステムを使った人工関節手術は、2020年末時点で、世界29か国、40万症例にのぼります。日本では2019年から導入が始まり、当院では2021年1月に人工股関節置換術において、中四国地区で初の導入となりました。以降、人工膝関節置換術にも適用を広げています。
 ロボティックアームとは「人の手の代わりに作業を行うコンピュータ制御の機械の腕(アーム)」のことで、自動で動くものや人が操作して動かすものがあります。 Makoのロボティックアームは、医師が操作をして動かすもので、傷んだ骨を削ったり、インプラント(人工関節)を設置する際に役立ちます。

Mako「3つのメリット」

 ロボティクス手術は、インプラントを正確かつ安全に設置することを支援し、人工関節の機能を最大限発揮できるようにします。


mako02 CTスキャンデータに基づく詳細な術前計画と、高精度なインプラント設置

 患者個別の三次元CTデータをもとに、術前計画を作成します。術前計画通りにインプラントを設置し、インプラントが長持ちすることにもつながります。

mako03 手術中の関節バランス調整

 執刀医は術中にもナビゲーション機能により、より精密な関節バランスの調整を行うことができ、より動きやすい関節の機能を術後に得ることが期待できます。

mako04 ロボティックアーム制御による、安全な手術

 ロボティックアームは、治療計画のない(=削る必要のない)部分にさしかかると止まる仕組みになっており、関節周辺の組織を保護し、計画通りの安全かつ正確な手術を可能にします。

「山陰中央新報」インタビュー記事

 文字をクリックしていただくとインタビュー記事を閲覧できます。

 2021.02.08 山陰中央新報(Mako(メイコー)に関するインタビュー)

外来受診について

 この治療は保険診療で受けることができます。また、「Mako」を用いた人工股関節置換術、人工膝関節置換術を希望される方は、まず当院整形外科の外来受診を受けていただく必要があります。詳しくは当院までお問い合わせ下さい。

 整形外科の案内はこちら
PageTop